| Centrip 編集部

近江八幡:名古屋から楽しむ一日観光シリーズ①

近江八幡とは?

近江八幡という町を知っているだろうか?
日本でもっとも大きな湖である琵琶湖の東湖畔に位置し、近世には「近江商人」が活躍する商業都市として大いに発展していた。現在でも、当時の町並みが保存されており、その風情ある町並みは、時代劇の撮影地としてもよく使われている。

また、近江八幡周辺は、近江牛の産地としても知られている。近江牛は神戸牛・松阪牛と並ぶ日本三大和牛のひとつで、食用牛としては日本でもっとも古い歴史をもつ。古い町並み、歴史、和牛や和菓子といった食、日本酒、日本文化の体験からインスタ映えするおしゃれスポットまで、コンパクトなエリアに日本観光の魅力が凝縮されている。あなたの日本旅行で訪れる目的地のリストにぜひ追加して欲しい。

名古屋から近江八幡へのアクセス

近江八幡は名古屋と大阪のちょうど中間地点に位置している。
名古屋駅からはJR東海道本線を乗り継いで米原まで行き、米原からJR琵琶湖線に乗り換えて20分ほどで近江八幡駅に着く。全行程で約1時間40分ほど、料金は1980円だ。名古屋から米原まで新幹線を利用すれば約1時間に短縮できるが、特別料金が追加で1760円かかる。
いずれにしても、名古屋を拠点にすれば、日帰りでも十分に満喫することができる。

近江八幡の代表的な観光スポット紹介

1. 八幡山ロープウェイ

 

近江八幡観光は八幡山ロープウェイからスタートすると良いだろう。
ロープウェイの駅は日牟禮八幡宮の参道の奥にある。近江八幡駅からは約3キロ。歩くと30分以上かかるので、バスかタクシーを利用することをおすすめする。バスの場合、近江八幡駅の北口6番乗場から長命寺行きのバスに乗る。

ロープウェイで山頂までの所要時間は約4分程度。料金は往復でひとり890円。八幡山はそれほど高い山ではないが、周辺が開けているため、山頂からは琵琶湖を含めた周辺エリアが一望できる。

2. 村雲御所瑞龍寺

八幡山山頂でロープウェイを降りると、瑞龍寺につながる参道がある。
瑞龍寺はかつての八幡城の跡地にあり、豊臣秀吉の命で切腹させられた、秀吉の甥、豊臣秀次のために建てられた。悲運の武将に思いを馳せつつ、境内を散策するといいだろう。散策に必要な時間は30分〜1時間程度。ロープウェイは15分間隔で運航している。

また、瑞龍寺境内は紅葉の名所でもあり、毎年、11月中旬〜12月上旬頃は夜間ライトアップも行っている。~12月上旬會舉行夜間點燈活動。

3. 日牟禮八幡宮

ロープウェイで八幡山を降り、山麓駅を出るとすぐに日牟禮八幡宮の門が現れる。

「八幡宮」と名のつく神社は日本全国で44,000社もあり、日牟禮八幡宮もそのひとつだ。一般に、八幡宮とは武運の神様を祀る神社であるが、日牟禮八幡宮は当地の近江商人からも信仰を集め、栄えてきた。

4. 日牟禮茶屋

日牟禮八幡宮のすぐ隣には和菓子の老舗として有名なたねやが手掛ける日牟禮茶屋がある。

ここでは和菓子とともにティータイムを楽しむこともできるが、ランチもおすすめだ。天気が良い日に八幡社の境内を眺めながら、外のテラス席で食事をすると最高に気持ちがいい。小鉢に分けられた見た目にも楽しめる日本料理は1650円〜5500円まで、量に応じて4種類のメニューがある。

5. 近江八幡の古い町並み

日牟禮八幡宮の参道を出ると、そこには近江八幡の古い町並みが広がっている。
近江商人の巨大な商家が連なる町並みがよく保存されており、旧西川邸(きゅうにしかわけじゅうたく)など、一部は、邸内を見学することもできる。豪商の邸宅は、江戸時代の最高峰の建築技術で作られている。町を散歩すれば、数百年前の近江商人の豊かさや暮らしを感じることができるだろう。

6. 八丁堀めぐり

琵琶湖の湖水を用いた八幡堀は当初、八幡城の防衛目的で築かれた。のちに琵琶湖と周辺地域を結ぶ水上交通や交易のために用いられるようになり、巨万の富をなした近江商人の力の源となった。

 

現在でも、主に観光用として利用されており、八幡堀沿いでは複数の事業者が観光船を運営している。料金はコースにもよるが30分〜40分程度のクルージングでひとり1000円ほど。9時から17時くらいまで定期的に運航しており、貸し切りでなければ予約は必要ない。

7.白雲観

また、日牟禮八幡宮の参道を出ると、その正面には白雲観がある。
白雲観は1877年に作られた学校であったが、いまは観光案内所として使われている。白雲観自体も、日本の伝統的な建築技術と西洋の建築技法を組み合わせた興味深い建築であり、一見の価値がある。

8. ラ・コリーナ近江八幡

日牟禮八幡宮の周辺からは約1キロ、徒歩15分ほどでラ・コリーナ近江八幡に着く。
ラ・コリーナは、滋賀県エリア全域で観光客数が3年連続ナンバー1になった人気施設だ。日牟禮茶屋と同じく、近江八幡に本拠を置く老舗の和菓子店であるたねやグループが手掛けている。

和菓子だけでなく、バウムクーヘンなどの洋菓子もラ・コリーナ内で製造しており、和と洋、それぞれのテイストに別れた飲食スペースが備えられている。たんにお菓子を食べたり買ったりするだけでなく、広大な施設を散策するのも楽しい。童話の世界に出てくるような建物は、日本でも屈指のインスタ映えスポットとして、いつも多くの観光客で賑わっている。

9. シャーレ水ヶ浜

日牟禮八幡宮の周辺から日本最大の湖、琵琶湖までは5~6キロの距離があり、歩いていくのは難しい。移動にはバスもしくはタクシーを利用する必要があり、少し不便だが、琵琶湖畔にはシャーレ水ヶ浜というカフェがあり、すばらしい景観が楽しめる。

それほど寒くないシーズンであれば外のテラス席がおすすめだ。琵琶湖にせり出したテラス席から、絶景を楽しみながら珈琲を飲むことができる。

10. 近江牛

近江八幡観光の最後はやはり近江牛で締めくくりたい。
近江牛は肉質が柔らかく、滑らかな舌触りが特徴的だ。すき焼き、しゃぶしゃぶ、ステーキ、焼肉と、食べ方は選ばないので、お好みの調理方法で、他の和牛との違いを感じ取ってほしい。
近江八幡市内には近江牛を売りにしたレストランが多くある。1000円程度から1万円を超えるお店まで幅広くある。観光客向けに早く閉まる店が多いので事前にメニューや営業時間を調べていくといいだろう。

 

ラップアップ

近江八幡は、小さな町であるが日本の魅力が凝縮されている。名古屋や京都・大阪に滞在するのであれば、もう1日、旅行日程を延ばしてでも、訪れてみる価値がある。

*料金は2019年11月現在のもの

 

Related Articles Related Articles

Search from Map

  • See
  • Do
  • ico-nav-eat Eat
  • Stay
  • Buy
  • All

Search from current location