| セントリップ・ジャパン編集部

【東海】秋の“映え”決定版!コスモス畑愛知8選+岐阜・三重6選

秋の“映えスポット”なら「コスモス畑」がおすすめ

秋の行楽は過ごしやすい気温や夏とはひと味違った色彩が楽しめます。
とくに漢字で「秋桜」と書くコスモスは秋の代名詞。色鮮やかに咲き乱れる様子は写真映えもして、秋のお出かけにはぴったり!

愛知県の“おすすめ絶景”コスモス畑8選

愛知県内にはコスモスをたっぷり楽しめる絶景スポットがたくさんあります。
今回はその中でもとくにおすすめの8スポット紹介します。

1.長久手市|愛・地球博記念公園(モリコロパーク)

約150ヘクタール、名古屋ドーム33個分の敷地に沢山の施設が点在しています

2022年ついにオープンするジブリパークを園内に構える「愛・地球博記念公園(モリコロパーク)」。広大な敷地の中にはさまざまな植物が植えられており、1年を通じて折々の風景を楽しむことができます。

よく見かけるピンクのコスモスだけでなく、白や紫がかったコスモスも
広大な敷地内に広がるコスモスは、その数約70万本開花予定!

特徴的なのは多種多様なコスモスが見られること。ゆったりと散策しながら、普段あまり見かけない珍しいコスモスを探してみるのも楽しみ方のひとつです。

施設情報

※最新情報は下記webサイトからご確認ください
■住所:〒480-1342 愛知県長久手市茨ケ廻間乙1533-1
■料金:公園は入園無料
■時間:4月〜10月…8:00~19:00/11月〜3月…8:00〜18:30
※ただし園内施設休館日は8:00〜17:30
■休園日:最新情報は下記webサイトからご確認ください
■web:https://www.aichi-koen.com/moricoro/

2.名古屋市|東山動植物園

東山動植物園の温室とコスモス

併設する動物園も観光スポットとして有名な「東山動植物園」。園内に咲くコスモスはもちろんのこと、秋にはバラ園も見頃を迎えます。加えて、「東洋一の水晶宮」と称される美しい温室内の展示もおすすめ。
※高台の花畑エリアは現在改修工事中。2023年にリニューアル予定。

施設情報

※最新情報は下記webサイトからご確認ください
■住所:〒464-0804 名古屋市千種区東山元町3-70
■料金:高校生以上 500円/市内在住65歳以上 100円 ※中学生以下無料
■時間:9:00~16:50 ※入園および入園券の発売は16:30まで
※ただし園内施設休館日は8:00〜17:30
■休園日:毎週月曜日/年末年始:12月29日~1月1日
※月曜日が国民の祝日または振替休日の場合はその直後の休日でない日が休園日
■web:https://www.higashiyama.city.nagoya.jp/

3.名古屋市|名城公園フラワープラザ

緑豊かな公園内はフォトスポット満載

名古屋城の近くの名城公園内にありアクセスも抜群なのがここ「名城公園フラワープラザ」。芝生広場にはオランダ風車があり、名古屋市内ということを忘れるような異国感ある風景が楽しめるのが魅力です。

施設情報

※最新情報は下記webサイトからご確認ください
■住所:〒462-0846 愛知県名古屋市北区名城1丁目2-25
■料金:無料
■時間:9:00~16:30
■休園日:毎週月曜日(祝日と重なる場合はその翌日)/毎月第3水曜日(祝日と重なる場合は第4水曜日)/年末年始(12月29日~1月3日)
■web:http://www.meijyo-fp.com/index.html

4.日進市|愛知牧場

家族でも楽しめる愛知牧場

家族でのお出かけにおすすめなのが「愛知牧場」。ヒツジやロバ、ウサギなどと触れ合えるどうぶつ広場や野菜の収穫体験など見どころが盛りだくさん。

毎年秋に向け種まきをしてコスモス畑を作っているそう
農耕用のトラクターで客車を引く「トラクター観覧車」に揺られて敷地内をのんびり一周するのも一興

牧場内には季節の花で作られるお花畑迷路も。秋はコスモスを用いて作られるので、迷路にチャレンジしながら間近でコスモスを愛でることができます。(入場料:100円)

施設情報

※最新情報は下記webサイトからご確認ください
■住所:〒470-0111 愛知県日進市米野木町南山977
■料金:無料
■時間:牧場内施設は10:00~17:00
※冬期(12月、1月、2月)は16:00まで
■休園日:なし(牧場内施設により別途定休日あり)
※冬期(12月、1月、2月)は火曜定休
■web:https://aiboku.com/

5.名古屋市|庄内緑地グリーンプラザ

コスモスはもちろん、バラも楽しめます

「水と緑と太陽」がテーマの大きな公園である庄内緑地ではバラ園、ハナショウブ園といった季節の花が折々で楽しめます。秋のコスモスの名所となっており、敷地内でピクニックやバーベキューもできることから休日にゆったりとしたい時におすすめの選択肢です。
毎年、コスモスやバラをテーマにした「秋の華まつり」が開催され、さまざまなイベントが行われます。2022年は、10/8から11/3までの開催予定。

施設情報

※最新情報は下記webサイトからご確認ください
■住所:〒452-0818 名古屋市西区山田町大字上小田井字敷地3527
■料金:無料 ※室内広場は有料
■時間:9:00~16:45 ※室内広場は9:00~21:00
■休園日:毎週月曜日(祝・休日の場合はその直後の平日)/毎月第3水曜日(祝日の場合は第4水曜日)/年末年始(12月29日~1月3日)
■web:https://shonai-ryokuchi.jp/

6.南知多町|観光農園花ひろば

撮影機材持ち込みや、コスプレ撮影も可能です

約30万本のコスモスが咲く知多の名所「観光農園花ひろば」。入場料700円を支払えば、花ひろば内の花をどれでも一人10本まで摘み取り持ち帰ることができます。
また、12月までひまわりが咲く様子も見ることができ、コスモスとひまわりを一度に楽しめる珍しいスポットとして知られています。

施設情報

※最新情報は下記webサイトからご確認ください
■住所:〒447-0035 愛知県碧南市中山町2-21-3
■料金:中学生以上 700円/小学生 350円/未就学児無料
■時間:8:00~17:00
■休園日:1月1日~1月3日
■web:https://www.hana-hiroba.net/

7.安城市|赤松町

コスモス畑に埋もれてみよう!

安城市の赤松町では、休耕地を利用した見事なコスモス畑が訪れる人を楽しませてくれます。
毎年赤松町内で場所を変えて開催される「赤松町ふれあいコスモスまつり」では、一面に広がった密なコスモスに埋もれながら写真を撮ることができます。

施設情報

■住所:安城市赤松町
■料金:無料

8.名古屋市|ワイルドフラワーガーデン ブルーボネット

異国情緒あふれるコスモス畑

名古屋市港区にあるブルーボネットでは、それぞれテーマの異なる23つの庭園を楽しむことができます。中でもコスモス畑では、イエローキャンパスという日本でも珍しい黄色のコスモスが見られます。
名古屋港をバックにロマンチックな鐘を鳴らせる「フラワーリング」もフォトスポットとして人気なのでチェックしてみてくださいね。

施設情報

※最新情報は下記webサイトからご確認ください
■住所:〒455-0028 名古屋市港区潮見町42番地
■開園時間:3月1日~11月30日/9:30~17:00
12月1日~12月25日/9:30~16:00
※営業時間を延長する場合あり
■休園日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)、名古屋みなと祭開催日、会員限定および臨時イベント開催日、冬季(12月26日~翌2月末)
■web:https://www.wfg-bluebonnet.com/

岐阜県の“おすすめ絶景”コスモス畑3選

下呂温泉や高山の歴史的な街並みなど、観光もかねて絶景を楽しめる岐阜県。
旅の途中でも楽しめる厳選した3スポットをご紹介します。

1.海津市|国営木曽三川公園

一宮市側138タワー

愛知、三重、岐阜の3県にまたがる日本一の広さを誇る公園が「木曾三川公園」。広大な土地に13か所の公園が含まれており、季節ごとの花を楽しめる他、さまざまなイベントが数多く開催されています。

今年の見ごろは10月中頃以降の予測
レモンイエローのキバナコスモスをはじめとし、色とりどりのコスモスが咲く

今秋は10種、約24万本のコスモスが園内を彩っており、フォトジェニックな写真が撮れること間違いなし。

施設情報

■住所:〒503-0625 岐阜県海津市海津町油島255-3
■料金:無料
■時間:9月1日~11月30日 9:30~17:00
※時期やイベント開催により変更あり
■休園日:毎月第2月曜日(4、8、12月を除く/休日の場合は直後の平日)/12月31日、1月1日
■web:https://www.kisosansenkoen.jp/

2.郡上市|ひるがの高原 牧歌の里

ロードトレインとコスモス畑

奥美濃の標高1,000mに位置する「牧歌の里」は雄大な自然と山々の景色が堪能できるリゾートで、飛騨や高山へのアクセスの良さからも人気の観光地。牧場やバーベキューのできる施設など多彩な楽しみ方ができます。

園内には、季節のさまざまな花々が広い敷地に広がっています
約4.5ヘクタールにもなる広い花畑の一角にコスモス畑があります

開花状況は公式サイトから確認できるので、ぜひお出かけの参考にしてください。

施設情報

※最新情報は下記webサイトからご確認ください
■住所:〒501-5302 岐阜県郡上市高鷲町鷲見2756-2
■料金:大人1,200円/中高生・65歳以上(※)900円/4歳以上小学生600円
■時間:季節によって変動
■開園期間:4月20日~11月23日
■web:https://www.bokka.co.jp/index.php

3.可児市|ぎふワールド・ローズガーデン

園内にはキッズスペースやカフェもあり、1日中楽しめます

花フェスタ記念公園の名で親しまれてきた県営公園がリニューアルした「ぎふワールド・ローズガーデン」。その名の通り世界最大級の規模でバラを堪能できる庭園が最大の見どころですが、四季折々の花が大面積で見られるガーデンも魅力。
コスモスは北の大花壇に約5万株植えられ、10月下旬からの見頃を予定しています。

施設情報

※最新情報は下記webサイトからご確認ください
■住所:〒509-0213 岐阜県可児市瀬田1584-1
■料金:変動料金制のため当日の料金は下記webサイトからご確認ください
■開園時間:4月1日~11月13日 9:00~17:00(最終入園16:30) 11月14日~3月31日 9:00~16:30(最終入園16:00)
※2022年11月21日~12月2日は閉園
■休園日:毎週火曜日(火曜日が休日の場合はその翌平日)、年末年始(12月29日~翌1月3日)
■web:https://gifu-wrg.jp/

三重県の“おすすめ絶景”コスモス畑3選

伊勢神宮や長島スパーランドだけでなく、近年はVISON(ヴィソン)などリゾート地としての魅力も高まっている三重県。
日頃の疲れを癒したり、気軽な気分転換として楽しめるコスモス畑の絶景スポットを紹介します。

1.桑名市|なばなの里

圧巻のコスモス畑!

日本最大級の花のテーマパーク「なばなの里」。広大な花ひろばのライトアップや毎年テーマの変わるイルミネーションが人気を集めています。

ひと株ずつ観賞用として育てた大きく生き生きとした咲き様が魅力
秋には色鮮やかな200種8,000株のダリアも一緒に楽しめます

毎年9月下旬から11月中旬まで開催される「ダリア・コスモスまつり」では、13,000坪もの広大な敷地内に、約150万本のコスモスと200種8,000株のダリアが植えられ圧巻の景色を見せてくれます。10月中旬までは夜間のライトアップが行われ昼間とは違った美しさも楽しめます。ライトアップは今だけなので気になる場合は早めに足を運ぶことをおすすめします。

施設情報

※最新情報は下記webサイトからご確認ください
■住所:〒511-1144 三重県桑名市長島町駒江漆畑270
■電話:0594-41-0787(9:00~21:00)
■料金・時間:季節により変動
■休園日:無休
■web:https://www.nagashima-onsen.co.jp/nabana/

2.菰野町|菰野町のコスモス畑

緑とピンクのコントラストが美しい

菰野町に広がる田畑の休耕時期に登場するコスモス畑はいくつもの農家が独自に種まきをするため町内に点在しています。アクアイグニスなどへでかける途中に車窓からコスモス畑を眺めるのも楽しみ方のひとつです。
もちろん、駐車場を用意してくれているところもあるので車を降りて近くでゆっくり楽しむこともできます。例年、菰野町の田光(たびか)地区にコスモス畑が出現するので、ドライブで寄り道してみるのも良いでしょう。

3.志摩市|志摩市観光農園

秋風のドライブがてら楽しめます

絶景ドライブが楽しめる志摩にある「志摩市観光農園」では、花の開花時期に合わせて園を開放しています。2022年は10月15日から10月30日まで開園予定。
最新の開花状況は志摩市公式サイトから確認できます。 ※花の開花状況により、開園期間が変更になる場合があります。

施設情報

■住所:〒517-0213 三重県志摩市磯部町穴川511-5
■料金:大人100円/中学生以下無料
■開園時間:9:00~16:00

4.亀山市|関宿近くのコスモス畑

運が良ければ、電車とコスモス畑のフォトジェニックな写真が撮れるかも?!
秋はコスモス、夏はひまわりが一帯を彩ります

亀山駅から徒歩3分ほどの場所に広がるコスモス畑。江⼾時代の宿場町の姿を残す関宿の観光と合わせて楽しむのがおすすめです。
最新の開花状況は亀山市観光協会公式サイトからご確認ください。

施設情報

■住所:亀山市関町新所664-2付近
■料金:無料

まとめ

東海3県の代表的な秋の映えスポットとしてコスモス畑の名所を紹介しました。旅行の計画に加えるも良し、お休みの日に思い立って出かけるも良し。
日常を離れ秋のさわやかな空気を味わいながら今しか見られない景色を心ゆくまで堪能してみてください。

Related Articles Related Articles